消費者金融の窓口での手続き方法

消費者金融は、様々な形態で申し込みを受け付けていますが、最もベーシックなのが店頭の窓口で申し込む方法です。受け付けの従業員が申し込みを受け付けるため、安心感があります。具体的な手続き方法は、まず申込書に必要事項を記入することから始めます。そこには自分の氏名、住所、勤務先、勤続年数、他社借入状況などを記入して提出します。ここで記入した事項は審査の際に必要になってくるため、間違わないように正確に記入しましょう。
そして、そのあと身分証のコピーを提出します。ただ、あらかじめコピーをしておく必要はなく、窓口の人がコピーをしてくれますので、身分証そのものを持っていけば良いです。そして、以上の手続きが終われば、実際に審査に入ります。審査にかかる時間は人によって異なりますが、意外に短く30分くらいです。この間は、消費者金融の店舗内で待つことになります。
キャッシング審査に通過すれば、後は契約締結をすることになります。この契約は、契約書を作成することで行います。契約書を作成する際には、業者が用意した書面の所定のところに、自分の住所や氏名を署名します。そして、印鑑を押して完成です。この契約書は、業者のためと自分のための二通を用意します。
カードローンサービスを利用する場合にはここでカードが発行され、現金の授受は行われません。現金での融資を行う消費者金融サービスを利用する場合には、ここで実際に現金が支払われることとなります。