カードローンを選ぶには、金利で選ぶのが重視されます

カードローンにもいろんな種類があり、その中でも重要視して選んでほしい点は金利です。それぞれにカードローンのメリットがありますが、低金利で借りることができるローンほど、利用者を苦しめません。いろんなカードローン 比較を比較してみればわかることですが、金利には大きな差があります。

たとえば消費者金融になると18%がスタンダードになっています。それに比べると銀行であれば14%になっていますので、どちらが利用者を苦しめない貸金業者になるのかというと、銀行になるでしょう。単純に考えてみると1万円借りて14%なら1400円の利息、18%なら1800円の差が生じます。実際はそれよりも大きな金額を借りることになりますので、低金利であれば良いことは一目瞭然です。選ぶ際はこのような点にも着目してください。

ただ銀行にもデメリットがあります。借りやすさという点から見てみると、やはり消費者金融の方に軍配があがり、利便性も高いカードローンになっています。銀行は幾分審査が緩くなったとは言いますが、やはり消費者金融と比較すると厳しい一面を見ることができ、一部のカードローンとなるとその口座を所有していないとインターネットバンキングを使用することができない不便さもあります。

選ぶ際は低金利も重要視しつつ、借りやすさから利便性についても調べることをおすすめします。自分に合っている貸金業者を選ぶことが大切ですので、じっくり選択することをおすすめします。