アコムでの借り入れはもちろん総量規制の範囲内で

アコムはもちろん貸金業者ですから、総量規制に従った借入限度額が設定されることになります。総量規制とは、貸金業者からの借入金の総合計が年収の3分の1を超えてはいけないというものです。これにはクレジットカードのキャッシングの額も含まれます。

総量規制によって「借りられなくなった、不便だ。」と感じている方が多いようですね。しかし、借り過ぎを防ぐ方法として施行された法律ですから、どれほど「自分なら返せるからもっと貸してほしい。」と頼んだところで叶えられることはありません。

アコムなどの貸金業者は、借入履歴がある人の情報を共有しています。正確に言えば借り入れに関する履歴すべてということになりますので、実は申し込みをしたという記録も残されているのです。

一度にたくさんの借り入れを申し込んだ人物は、お金に困っている状態で返済が不可能になりやすいと金融業者は判断します。そのような状態の人に貸してしまって貸し倒れとなると問題となりますので、アコム審査申し込み履歴が直近にたくさん残っている人は借り入れできません。申し込み履歴は半年程度残ります。

借入額がそう多くないのに、審査が可決にならない方は申し込み履歴を振り返ってみて下さい。これは時間が経つのを待って再度申し込みをするしかないのです。

もちろん申し込み時に借入希望額を書く際は、自分の総量規制の範囲内をしっかり守っておきましょう。他の借入額を少なく書いたらもっと多く借りられるかもしれないということは考えてはいけません。これも情報機関で簡単に分かってしまいます。